動物や虫の信じられない驚きの豆知識や雑学を纏めてみた!(20選)

今回は、芸能界でも動物博士と名高いココリコの『田中直樹』さんがガキ使のとある企画で披露していた豆知識や雑学を20個ほど纏めてみました。

 

この人って本当に勉強家なんですね、どんなことにでも好奇心旺盛な方は素晴らしい!

 

以下の情報は全て真実です。

一般人は絶対に知らないくらい驚きのものばかりですので、どうぞお楽しみください。

 

目次

馬は軽車両扱いのため、公道はもちろんのこと高速を走ることができる!

 

道路交通法にも違反しないのだそうです。

だからといって馬で走る奴はいないと思いますが……。

 

キリンの首の骨は、人間や他の哺乳類と同じく7本しかない!

 

1本1本の骨が太くて長いだけなんだとか。

人間の短い首と同じ数とは驚きですよね。

ちなみに7本より少なかったり多かったりする特殊な哺乳類もいるそうです。

なぜ7本なのかはいまだに謎のまま。

 

ニワトリのトサカは体温調節するための大切な部位!

 

体中に羽がついているため体温調節が難しいのだそうです。

唯一羽の生えていないトサカの部分で気温を知って体温を調節するのだとか。

 

サンタクロースの相棒である、クリスマスのトナカイは全部メス!

 

トナカイのオスは冬になると自然と角が抜けてしまうそうです。

立派な角でサンタさんのソリを引っ張っているトナカイたちは全てメスということですね。

 

シマウマの地肌は白黒ではなくグレー色!

 

シマウマの毛を刈り込んでみると、なんと体毛が全てグレー色なのだそうです。

白色と黒色がうまく合わさって体に近い毛の部分はグレー色になるとか。

 

マンボウは生き物の中で一番卵を産む数が多い!

 

その数なんと3億個。

しかし、立派なマンボウに育つのはその中でも数匹程度だとか。

ほとんどの卵や稚魚たちは育つ前に他の魚たちに捕食されるそうです。

 

ハトなどの種類の鳥類は仰向けにされると動けなくなる!

 

どうしてよいかわからず、固まってしまうのだそうです。

自然界でそのような状況に陥ることがまずないので対処法が分からないのだとか。

ちなみにこの習性を利用できる故、マジックなどではハトが使われるそうです。

 

ウサギは構われると迷惑、単独行動が好きな動物!

 

構ってあげないと死んでしまうというのは全くのデタラメなのだそう。

鳴かないで一人佇んでいる姿が人に誤解を与えているのだとか。

ウサギ科は全て単独行動を好む生き物なので、1羽でいるのが一番気楽だと言われています。

 

トラやクマなどの恒温動物は寒い地域になるほど大きくなる!

 

『ベルクマンの法則』というそうです。

ホッキョクグマなどが大きいのはこのせいなんだとか。

 

世界人口と地球上に生息しているアリの合計分の重さは一緒!

 

つまりですね。

世界中のすべての人間を集めた分の重さと、世界中のすべてのアリを集めた分の重さは同じということです。

これ、すごいですよね。

 

地球上の生き物の中で、鼻と口の両方で呼吸できるのは人間だけ!

 

犬の「ハァハァ」は体温調節のためなんだとか。

鼻を使わずに呼吸ができる生き物は人間だけなんだそうです。

 

カラスの鳴き声は用途によって40種類以上の意味がある!

 

「こっちに来い!」や「助けて!」など、40種類以上の言葉を使い分けられるのだそうです。

カラスが頭が良いことを裏付ける決定的な証明ですね。

 

ゾウの鼻は、鼻と上唇が一体化したもの!

 

象が鼻で器用に餌を食べたり物を取ったりするのは唇の役割も持っているからなのだそう。

上唇だけが伸びるって、人間で例えたらすごい図ですね。

 

ブタの身体はほとんど全てが筋肉!

 

モデルさん以上の体脂肪率なんだそうです。

つまり、太っている人を見てブタだというのはブタに失礼ということ……?

 

サメは軟骨魚類のため、キバの部分以外は全て化石としては残らない!

 

身体の部分は全て土の中で分解されてしまうそうです。

科学的に硬いのは本来キバの部分だけとも言えます。

 

ウミガメは甲羅を持ってはいるが、手足を引っ込めることはできない!

 

敵が襲ってきた際、陸のカメは甲羅にこもって防御することを選んだが、海のカメは素早く泳いで逃げることを選んだそうです。

いやぁ、元は同じ生物だったのに生き物の進化はすごい。

 

タツノオトシゴは、出産するのはメスではなくオス!

 

オスには育児脳があり、メスが卵を産み付けてオスが大事に育て、最終的に孵化させるのもオスの役割なのだそう。

形的にも生態的にもとことん変わった生き物である、タツノオトシゴです。

 

クジラの潮をふく部分は、実は鼻!

 

哺乳類のため、鼻で呼吸をしなければいけないクジラ。

あの上部分は実は鼻なのだそうです。

 

ハゲタカがハゲなのは、生肉の血が顔に付いて病気にならないため!

 

生き物の身体に顔を突っ込んで肉を食べるので、顔にたくさん血が付いてしまい、そこに羽が付いていると感染症を引き起こしてやがて死んでしまうのだそうです。

それを防ぐため、顔部分に羽が無く、また禿げているのは太陽の光によって消毒するためなのだとか。

 

アリは必ず群れの全体の約20パーセントに怠け者が現れる!

 

さらに驚くことに、その20パーセントを排除してもまた群れになると今まで働いていたアリたちの中の20パーセントが怠けだすのだそうです。

詳しいことはいまだ謎のまま。

うーん……まるっきり人間と同じですね。

 

以上、動物や虫の豆知識20選でした。

少しでもお楽しみいただけたのでしたら幸いです。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする