店員さんの勧めでドコモ光に乗り換えたらとんでもないことになった!

3か月ほど前、我が相棒『galaxy7』くんが原因不明の故障に陥ったので、ドコモショップに行ったんです。

 

するとやはりか、飽きもせずに毎回来るわ来るわ『ドコモ光』への勧誘が。

いやね、僕自体10年以上ドコモを愛用しているヘビーユーザーなのでドコモ光を強くお勧めする店員さんの気持ちもわかるんですよ。

 

でもね、めんどくさいじゃないですか(笑)

今契約している光回線も途中で解約しちゃうと違約金がかかっちゃうしね。

 

いつも通りまたの機会にって笑顔で流そうとすると、店員さんが聞き捨てならない言葉を。

 

「今なら解約金を計算しても1万円以上お得になって乗り換えできますよ」

 

……マジで?

 

「はい!」

 

後は言うまでもありません。

あれよあれよというまに口車にまんまと載せられ、ブロガー六代はドコモ光に浮気し、幸せな余生を過ごしましたとさ。ちゃんちゃん!

……で終わればこんな記事書いてねぇよ!!

 

そこのあなた、聞いてください!

というか聞いて。

ドコモ光は、色んな意味でヤバいですよ!

 

契約してから数日後、そいつは何の前触れもなくやってきた……

 

お昼の12時、ピンポーンがなりました。

一体誰だよ、こんな朝早くから。

 

ドアを開けると、そこにはへんな機械を持ったおじさんが。

「電話回線のアナログ戻しにきました」

 

なにそれ?

 

「電話回線をデジタルからアナログ戻しするんです」

 

ああ、そう言えば店員さんがそんなこと言ってたな。

 

「アナログに戻していただかないとドコモ光は繋げないんですよ~」

 

わざわざどうも。

そして作業開始、ちなみに30分もかからずに終わりました。

 

するとおじさん、帰り際に笑顔で。

26000円になりますのでカードから引いておきます」

 

……はい?なんだってっ!?

もちろん言葉には出しません、内心こう叫んだだけです。

 

すぐさまドコモさんに怒りの電話を。

「ドコモさん、新規契約料だけって言ったじゃないですか!?」

 

店員さん、可愛い声で。

「申し訳ありません、ドコモの料金とNTTのアナログ戻しの料金は別なんですよ」

 

……なるほどな、そういうことかよ。

まんまとやられちまったってわけだ!

 

なんでも、他にテレビの切り替え代金も20000円くらいかかるとか。

合計すると軽く6万くらい……それ+違約金。

2万円のキャッシュバックなんて焼け石に水じゃん。

 

そこのキミ!

最初に言っておく!

ドコモ光への切り替えは、かーなーり高い!

 

覚えておけっ!!

 

数日後、ドコモ光の悪夢は再びやってきた!

 

アナログ戻しをしてから数日後、わたしはいつものように生きていた。

 

わたしの本職はブロガーとその名の通り、ブログです。

その日も早起きして、サンドイッチとみそ汁の和洋折衷ご飯を食べて意気揚々とブログを書いていたわけです。

 

すると。

いきなり、ネットが繋がらなくなりました。

 

あれ、ルーターの故障かな?

そう思って再起動してみるけど変化なし。

 

パソコンの右下を見てみると、回線に『!』マークが出てました。

なるほど、原因はモデムの方か。

 

光モデムを再起動、しかしこれも変化なし。

あれ?これヤバいパターンじゃね?

 

さすがにマズいと思って使用している光回線に電話。

ちなみにこの時はまだ当然、ドコモ光さんが工事に来る前でした。

 

「ちょっと、おたくの回線繋がらないんですけど?」

 

「えっ?ちょっと待ってください」

 

いいでしょう、待ちましょう。

5分くらいなら。

 

「こちらに問題は……光関係で何かされました?」

 

「アナログ戻しってやつをやったかな」

 

「あっ、それですね」

 

えっ?

オペレーターさんいわく、アナログ戻しをすると接続IDが変わるのだとか。

 

僕はこの時、ドコモ光を勧めてくれた可愛いドコモ店員さんの言葉を何度も反芻しました。

 

「工事前までは、普通に前の回線つかえますよね?」

 

「はい、問題ありませんよ!」

 

………………。

いやね、無知だった僕も悪い。

でもね、あんな良い笑顔でしれっと嘘つく子はもっと悪いと思うんです!

 

ちゃんと調べてから言ってくれよ、アナログ戻ししたら回線ブチれるじゃん!

 

結局その日、乗り換え前の光回線さんに緊急用の接続ID頂いてなんとか工事前まで乗り切りました。

ネット無かったら僕の場合、ご飯食べていけないですからね。

そこのあなた、アナログ戻しにはくれぐれもお気をつけて。

 

2度あることは3度ある!悪夢は終わらない……

 

1か月後、いよいよ切り替え工事の日です。

僕は珍しく早起きし、モデムを眺めていました。

 

以前の回線とは今日でおさらば。これからよろしくねドコモ光!

 

お昼頃、業者さんがやってきて作業開始。

と思いきや、5分も経たずに苦い顔を。

 

なんだ、なんなんだ!?

今度はなんだ!?

 

パニックになって冷や汗かいてる僕に一言。

「あの、テレビだけ以前の回線のものを使用されるんですか?」

 

「いえ、そんなわけないでしょう」

 

「ですが、契約書には電話と光回線だけになってますが」

 

……はっ?

ホワイ?

なに言ってんだよこの人は。

 

そんなわけないじゃないか、僕はちゃんと全部取っかえって言ったよ。

この口で。

 

業者さんがドコモに電話、すると。

「やっぱり契約ミスですね、申し訳ないです」

 

契約ミス?

じゃあ工事は?

 

「また一から契約し直していただかないと」

 

また、1か月先?

……僕は、絶望しました。

 

なんでまだ初めから契約し直さないといけないんだよ!?

俺のせいじゃないじゃん、悪いのドコモじゃん!

またかよ~!

 

最終章・ドコモ光、絶望の果てに

 

こうしてブロガー六代は3度の絶望を味わわされ、無事ドコモ光に乗り換えることができましたとさ。

ちゃんちゃん!

 

はい、今度はちゃんとおしまいです。

いかがでした、今回のお話。

 

これ、マジで実話ですよ。

ほんとにたまったもんじゃない。

 

一応フォローしておきますと、ドコモ光に切り替えてからは回線も快調です。

ただ、それまでに3度もの絶望を喰らわされては……乗り換える人も少なくなるでしょう。

 

以上、くれぐれもお気をつけて。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする