『夢は諦めなければいつかは叶う』←努力しないと絶対に無理だよ

率直に、夢を持つことってすごく素敵だと思う。

なぜなら、

『夢あるところに目標あり→目標あるところに計画あり→計画あるところに努力あり』

という、人間が生きる上で大切な気持ちが3段スライド式で全て手に入るからです。

 

あくまでこれは僕の持論となりますが、人間にとって夢や目標というのは必要不可欠な存在だと思う。

だって、淡白でマンネリな人生を送り続けるよりは、自分のやりたいことをとことんやって一回限りの人生をまっとうしたほうがどう考えてもお得だと思いませんか?

 

そのためにはどうするべきだろうか?

諦めないで追い続ける?はい、それは大前提ですね。

諦めなければいつかは叶う?そんなわけないですよ、世の中そんなに甘くない。

達成するために努力する←これ、ちゃんとできてますか?

 

目標があって、ちゃんと計画ができてますか?

それに努力できてますか?

 

ここでは世間の夢見がちな子たちを一喝し、ちゃんと夢を叶えようとしている子たちを応援するような、そんなコラムを書いていきたいと思う。

 

まず、好き放題やってるような奴が夢を持つこと自体が間違ってる

 

「将来〇〇になりたい!」

ちゃんとした目標があるのに計画もせずに、実際は友達と遊んだり彼女を作ったり……この時点で矛盾だらけだと思いませんか?

何かをしたいなら相応の代償を払うのはもはや常識。

 

『欲しいものがある=お金を払う』

 

このように、同等の代価を支払うことで人間は初めて自分の欲しかったものを手にできます。

これは、夢や目標に関しても同じ。

 

『絵がうまくなりたい=ひたすら練習』

『〇〇になりたい=計画を立て、ひたすら努力』

 

と、置き換わるわけです。

しかし大きく違うのは、お金は即効性がありますが、努力や練習というのはどうあがこうとも日々の微々たる積み重ね以外に方法は無いという点。

 

この積み重ねが億劫で、夢だけは一人前にあるくせに努力も行動も何もしない矛盾した夢見がちな少年少女が現れるわけです。

よく考えてみてください?

 

お金も払わずにお店の商品が買えますか?

何もしないで絵がうまくなったりしますか?

努力も計画も無しに、諦めないだけで夢が叶うと思いますか?

 

何もせずに結果を得ようとするのは万引きと一緒、成功するはずないんです。

夢の万引きを許してくれるほど、世間は甘くありません。

 

大切なのは『なにをしたいか』じゃなく、『なにをしたか』

 

上記の言葉は、目標を達成するうえでの摂理です。

なにかをしたくても、実力が伴わなければ上手くいくはずありませんよね?

 

例えば「テストで100点を取りたい」という目標を持ったとします。

しかし何もしないでいると100点はおろか、80点も取れないでしょう。

 

目標を持つということは、行動に移すためにいわばジャンプ台。

このジャンプ台を飛ばない限り、目標の達成はおろかその上の遥か頂点に君臨する『夢』になど届くはずもありません。

 

つまり、本当に大切なのは夢を持つことではなく、それに対して自分がどれほど行動できているか。

自分を甘やかさないで言い訳せず、口先だけにならずにちゃんと行動が伴っているかです。

 

いきなり大きな目標に届くわけがない。

目の前にある自分のできることを一生懸命やって、コツコツと積み重ねていくのが夢を叶えるための一番の近道ではないでしょうか。

 

なにもしていない、または何もしない人間が夢を持つのは、本気で夢を叶えようとしている人たちに迷惑なだけ。

今を楽しく遊びたければ、平平凡凡に生きて夢を持つことなど諦めてください。

夢を叶えたければ、今を我慢して努力を重ね、将来になってから思う存分人生を楽しんでください。

先に楽するか、あとで楽するか、たったそれだけの違いですよ。

 

最後に・今の世の中、夢の競合率は尋常ではない

 

世の中には生活のため、自分のため、死に物狂いで努力をしているアスリートのような方が少数ですがいらっしゃいます。

そんな人間との夢の奪い合いから勝利するには、こちらもそれに負けないくらいの努力を積み重ねるしかありません。

片手間でちょこちょこ頑張った程度では、現実を見て必ず鼻をへし折られるでしょう。

 

人生、泣いても笑っても一回きりです。

誰にも負けないくらい、誰にも文句を言われないくらい、夢に向かって頑張ってみませんか?

どんな結果であれ、絶対後悔しませんよ。

 

努力がいかに大切か、また、諦めなければ叶うというのは大嘘だということがご理解いただけたかと思います。

さて、あなたのやるべきことはなんでしょう?

 

今を楽しむことでしょうか?それとも、今を頑張ることでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする