10インチのデュアルブートタブレットで唯一おすすめなのはこれだ!

bedgbe

時にはAndroidタブレット、また、ある時にはWindowsパソコンとしての役割を果たす正に10得ナイフのような存在であるデュアルブートタブレット。

デュアルブートの利点としまして、AndroidタブレットとWindowsパソコンを両方持ち運ばなくて良いという点が挙げられます。

プライベートはAndroidのアプリで遊び、ビジネスはWindowsでオフィス仕事……といった使い分けがボタンひとつで可能になるわけです。

値段も大半は2万円以下で購入でき、コストパフォーマンスも最高。

そんな魅力的なデュアルブートタブレットですが、現在日本で主流なのはそのほとんどが8インチタブレットです。

8インチは持ち運ぶのに大変便利ですが、その画面の小ささからオフィス仕事では使いづらく、せっかくの高解像度がいまいち活かしきれません。

持ち運びが便利かつ、使いやすいといえばやはり10インチが最高のバランスでしょう。

そこで今回は10インチのデュアルブートで僕がおすすめする唯一のタブレットを理由とともに紹介したいと思います。

2万円台で10インチのキーボード付きデュアルブートをお探しの方、これならご要望にぴったりですよ。

10インチタブレット帯最高の基本スペック

 d df gvfd

まずはこのタブレットのスペックを紹介します。

AtomはCherry世代のZ8300を搭載、メモリはタブレットでは異例の4GBを搭載しています。

ストレージは64GBでROMとしては大容量。

液晶はもちろん10インチの1920×1200、更にIPS画面です。

カメラはフロントとバック、共に搭載されていますが、200万画素なので過度な期待はNG。

他、Wifiはa/b/g/nに対応しており、Bluetooth4.0、MicroHDMI、USB type-c(3.0)、MicroUSB、MicroSD、イヤホン搭載と至れりつくせり。

更に別売りのキーボードに標準サイズのUSB(2.0)を搭載しており、有線マウスも使用可能。

重量は本体のみでは600gですが、キーボードを含めると約1キロ程度と考えるのが良いでしょう。

デジタルイラスト、お絵かき可能・スタイラスペンの筆圧対応!

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆圧とは、ペンに力を加えることで線が太くなったり細くなったり、よりリアルに絵を描くために必要不可欠な機能のことです。

別売りのこの機種専用のスタイラスペンを購入することで、このタブレットでいつでもどこでもデジタル絵を描くことができます。

筆圧検知は256段階と平均より少なめですが、10インチで描くデジ絵としては十分でしょう。

デュアルブートで筆圧対応のタブレットは、僕が知る限り今のところこの機種だけです。

最強タブレット・Cube iWork 10 Flagship

 fbsfesf

あまり知られていませんが、有名な10インチデュアルタブレットのChuwi Hi Bookと比べても筆圧対応という点でこちらに軍配があがります。

2in1タブレットとしましてはこれ以上無いコストパフォーマンスを誇る機種でしょう。

値段もキーボード込みで24000円程度で収まるというのも嬉しいところ。

しかし、注意点としまして。

・あくまでもデュアルブートは中華タブレットですので、パソコン初心者にはおすすめできません。Windowsの日本語化や不具合への対応など、ある程度知識が備わっている方のみご購入を検討ください。

・今回紹介しました『Cube iWork 10 Flagship』はまだ日本では発売されていませんので、海外から直接購入するしかありません。

追記:今では日本で平行輸入品が買えるようです。少々高くなりますが海外通販より安全なのでそちらをおすすめします。

『Gear best』という大手の海外通販からキーボード、スタイラスペン含め一括購入できますのでこちらからどうぞ。

(ドル払いですのでクレジットカード必須です。また、Gear bestのご利用方法は他の方がたくさん記事にされていますのでそちらをご参照ください。)

中華タブレットも今や日本メーカーに匹敵するほど質が良くなってきています。

国産品ではないとはいえ、やはり人気のAndroidとWindowsを両方使えるデュアルブートタブレットは魅力的ですね。

中華タブはコスパも最高ですし、きっとこれからも増え続けていくでしょう。

セキュリティ面などを考えると、重要なデータなどはまだ中華タブレットには入れないほうが吉かと思いますが……。

今後の成長に期待ですね。

以上、六代でした。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする