『ステラのまほう』ってアニメの感想、日常系好きにおすすめですよ

efb-ergfb

最近ハマっているアニメですが、やはり日常系はいいですね。

このアニメも日常系という分類に恥じることなく、シリアスも無ければ内容にたいして起伏も無いのですが、そこがまたいい!

こんな世の中ですから、せめてフィクションの世界くらいでは『微笑ましい平和』を見たいですよね。

『きんいろモザイク』や『ご注文はうさぎですか?』が大ヒットするのも分かるような気がします。

さて、話を戻しまして。

原作を見ると、やはり『きんモザ』や『ごちうさ』と同じく『まんがタイムキララ』さんの連載コミックのようですね。

とりあえずあらすじをかいつまんで説明しつつ、この作品に興味を持っていただけるようなことをすらすらっと綴りたいと思います。

ストーリー・4人(+オマケ1人)で同人ゲームを作る

 3rv3r

とはいっても、もちろん日常系ですので、基本ご都合主義で障害を乗り越えてゆるゆると物語が進みます。

部活で同人ゲームを作りつつ、日常系アニメに少しギャグ要素を多めに入れたといえば分かりやすいでしょうか。

すこし意外だったのが、まんがタイムキララの作品にしては百合が露骨ではない点ですかね。

サービスカットと百合百合シーンで押し切ろうとするような作品ではなく、かなり物語の基盤がしっかりしていて脱線しないようにする描写が感じられました。

ですので、日常系アニメのわりに一度見ると続きが気になってしまうという中毒性も兼ね備えている、なかなかオールマイティーなアニメだと思います。

登場キャラ・ピュア+コミュ障+隠れオタク+人たらし+腐女子

本田たまき

evrferf

ステラのまほうの主人公。

田舎に住むピュアな女の子で、何事にも一生懸命。

とにかく可愛い、おとなしいところもすぐに赤面してしまうところも含め全部。

ただ、残念なのがおじ様好きの枯れ専なんですよね……。

時折り方言が出る。あと、鋭い天然ボケが暴発。

村上しいな

rverfv

コミュニケーション障害の人、一応部長。

趣味は色んな飲み物を混ぜて新しいドリンクを開発すること……乾か!

一見大人しいが本来は毒舌家であり、ボケるのも結構好き。

喧嘩の仲裁は口も実力行使も最強レベル、怒らすと怖い。

嫌なことを目の前にすると熱を出せる運動嫌い超羨まスキルを備えている。

関あやめ

erver

ボーイッシュに見えるが実は隠れオタク。

厨二病をこじらせたストーリーを書くことが得意な動く黒歴史。

この手のキャラにしては珍しく、基本はいじられ担当。

弟が二人おり、家ではお姉さんポジション。

ガサツだが人一倍気遣いができる、有り体に言えば良い人。

藤川かよ

erv-erfv

飄々とした食えない性格の人たらし。

音楽へのこだわりが強く、一度集中すると人が変わる。

自称美少女でそれに恥じない美人だが、上記の人格豹変のせいで恋愛経験一切無し。

あまり自分のことも話さず部活のみんなとも馴れ合わない子悪魔的な人。

でも結構魅力ある、個人的には2番目に好き。

布田ゆみね

rver

主人公の親友で幼馴染、田舎住まいの残念系美少女。

BL大好き同人誌大好きの腐敗しきった正真正銘の腐女子。

誰かが二人一緒にいるととにかく妄想する、百合じゃなく頭の中で男体化する。

主人公のことまでそういう目で見てる、かなり危ない人。

部活には所属しないオマケ的立ち位置、しかしメインキャラ。

友達思いでほんとは良い子。

個人的に、この作品に感じた魅力

 rv3rv

ひとつめは、良い意味であまりワイワイしてないところ。

いつも5人一緒にいるわけではなく、結構みんなそれぞれバラバラになっていることが多い。

だからこそ、アニメ内で5人が揃うと見ている側は結構嬉しい。この紙一重の描写バランスが原作者さんの凄いところだと思う。

ふたつめは、それを踏まえつつしっかりゆるふわな日常系アニメに仕上がっているところ。

日常系の魅力は、なんといっても見ていて安心できるところ。

この辺の長所と短所はミステリーや格闘アニメと対極に位置する。そもそも狙っている視聴者層が違うのだから。

つまりどういうことかというと、このアニメは百合要素を控えながらもちゃんとのほほんと見られる日常枠の条件をしっかりとクリアしている。

イチャイチャも百合百合もせずに、あざとさを省いてこのポジションに立っているアニメは割りと珍しい。

言葉では説明しきれない点が多々あるので、百聞は一見にしかず、まずは3話程度だけでも視聴してみることをおすすめします。

ごちうさファンやきんモザファンでしたら必ずと言っていいほどハマると思います。

なにはともあれ、主人公のたまきちゃん可愛い……ほほえま~。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする