HDDの動画をテレビに!メディアプレイヤーのおすすめはこれだ!

HDDの動画ってパソコン以外で再生できないの?

こんな需要にそのままのカタチで応えた『メディアプレイヤー』は素晴らしい機器だ。

MP4AVIはもちろんのこと、パソコンですら対応が少ないMKV、その他動画形式のファイル全般、果てやMP3JPGなどの音楽や画像まで再生してくれるのだから。

 

しかし、とても優秀に見えるこのメディアプレイヤーという機器には一つ大きな欠点がある。

というのも、『メディアプレイヤーという機械は正式に日本ではまだ一度も発売されていない』のだ。

この需要に応えてくれているのは、実は中国や韓国などの国外の方たち。

つまり端的に言いますと、メディアプレイヤーは海外製のもの以外今はまだ存在しないのです。

 

この手の痒いところに手が届きそうな素晴らしい商品は存外中国製のものが多かったりします。

メディアプレイヤーを購入するには、数ある中華品質の商品から一番良いものを上手くチョイスしなければならない……。

メディアプレイヤーは海外商品とはいえ平均5000円近くするし、できれば外したくない。

 

そんな悩みにお応えすべく、本日の記事は僕自身が何台ものメディアプレイヤーを購入し、その中で一番良いと思ったメディアプレイヤーをお教えしたいと思います。

(ネットの通販で起こりうる不良品などのトラブルについては本記事は一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください)

 

Crenova 多機能 ポータブル メディア プレーヤー

 

早速結論からぶっちゃけましょう。

色々購入しましたが、やはりこれが一番安定しています。

余計な機能は全てオミットされていますし、なにより手間がいらない。

日本語対応なのもポイントが高いところ。

 

フルHD 1080P対応しており、最大19201080pの高解像度で動画を楽しめます。

ちなみに、僕のやつは購入してから1年半ほど経ちますがいまだに現役です。

 

画像の通り、チャンネルも付属していますので買い足さなければいけないものはHDMIケーブルくらいです。

あとはUSB差し込み口に外付けHDDをそのまま差し込めば使えます。

ちなみにUSBハブにも対応していますので、複数のHDDを差し込んでも認識してくれます。

値段もAmazonで5000円以下ですし、コストパフォーマンス的にもこれ一択で問題ないかと。

他のやつは2か月もしないうちに故障するのが多かったです、あと、ハブ未対応とかだったり。

 

あと、購入する前にこれだけは注意です!

Amazonで購入する際はくれぐれも『Crenova Japan』で購入しましょう。

他の出品者から購入すると、そっくりの偽物をつかまされる可能性も。

 

本物と偽物を見分けるコツは、メディアプレイヤーの左上のマークです。

このマークが『Crenova』以外だったら全て偽物と考えましょう。

後述する理由のためにも、購入は必ず『Crenova Japan』で。

 

Crenovaメディアプレイヤーの詳しい性能やレビューはこちらでどうぞ)

 

Crenovaであれば、万が一不良品をつかまされても安心

 

もちろん機械ものですので多少の当たりハズレはあるでしょう

ですが、個人的には8割方の安全をお約束できるかと思います。

 

もし2か月で壊れた、不良品だった場合でも、『Crenova Japan』さんから購入したこのメディアプレイヤーなら安心です。

不具合の1年保証とお店自体の親切な対応力は伊達じゃないです。

以下は、運悪く不良品をつかまされていしまった人のレビュー↓

 

故障を知らせたら「直ぐに新品に交換します! 」とのメールを頂きました。別のモノを買ってしまった後だったのですが、それなら返金に!とご提案頂き、文字通り即効で返金手続きへ。その日の夕方にはAmazonから返金されましたとの通知を頂きました。

日本でも中々無いスピード感ある対応に絶賛中です!

 

と、いざという時の保険も万全ですので、当たりにせよハズレにせよお金をドブに捨てるということはまずないと思います。

 

中華製品を購入する際に大切なのは性能はもちろんのこと、いざ壊れた時の保証です。

この二つをいい具合に備えているメディアプレイヤーは、現在ではCrenovaのみかと。

本体自体のサイズも小さいから置き場所にも困りませんし、1台家にあっても損はしませんよ。

HDDに溜まった動画などをTVで見たい方など、ぜひご活用を!

個人的な感想で申し訳ありませんが、すこしでも参考になれば幸いです。

何はともあれメディアプレイヤー、快適すぎる!

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする