2016年『さようなら山崎邦正』は放送されないのか?

rf3r4f3

もう四月も終わりですよ、ガキの使いファンとしてはあの企画を見ないと『ああ、もう春かぁ』と実感できないわけです。

いまやシリーズ15周年となる名物企画、山崎さんが改名した以降は『さようなら月亭方正』でしたね。

しかしおなじみの恒例企画だったはずの本シリーズが、今年はまだオンエアされていないとネット住民の間では話題騒然です。

各いう僕も焦り気味、先週と先々週と続き二本立ての企画ものでしたし……もう四月に放送はどうあがいても望めませんね、日数的に。

とりあえず指をくわえて見ているのもあれなので、さようなら山崎邦正の魅力を振り返るとともに放送されない原因などを個人的主観ですが考察しようと思います。

『つまらないからやめろ』というアンチが原因?

ガキの使いは昔からこんな感じで、そのシュールさや不条理さも相まって各企画ごとにファン層や好みなどがはっきり分かれてしまう訳です。

一般受けが好評で大人気を博した遠藤さんの森進一企画、正直言って僕は好きじゃありませんし。(もちろん批判はしませんよ!?)

芸能人に会うまで散歩する検証企画とか誰トクなの?とか思ってたりしますし。

まぁ人の価値観や観点ってそれぞれ違いますし、『さようなら山崎邦正』が好きじゃない人がいても仕方ないかもしれません。

実際メンバーの中で一番アンチが多いのはすべり芸を芸風にしている山崎さんでしょうし。

でも中止にするのはさすがにやめて頂きたいのが本音です。

視聴者の声にとうとうガキ使スタッフが折れた?

本企画が今までずっとオンエアされてきたのはそもそも松本さんやスタッフさんの意向が大きいところだそうで。

以前から苦情やアンチがうじゃうじゃ湧いていたのでしょう。(15回目ですからねぇ……でも大好きですけど)

それでも春の訪れを感じるとどうしてもやりたくなってしまうと以前本音を漏らしていました。

ガキの使いはこういった身内ネタも番組構成のひとつで、板尾シリーズなどは菅さんの体験談から生まれたとか。

ガキの使いファンの大好物『1にスタッフ2に視聴者』みたいな企画方針でも今まで充分やってこれた『ガキの使い』、それももはや昔の話しなのでしょうか。

みなさん言ってますが、やはり以前ほどのシュールな企画は近年ではあまり見られない傾向にあります。

でも僕はファンの一人としてこれだけは言いたい。

あくまで憶測の域ですがガキの使いスタッフさん、アンチに負けないでください。

『さようなら山崎邦正』はつまらない?本企画の魅力とは?

140413 ガキの使い さようなら月亭方正 2014年4月13日_255567

つまらないなどと批判も多い企画ですが、僕はそんなこと無いと思います。

むしろ毎年春になるとこれを楽しみにガキの使いを録画しているほどです(笑)

本企画の魅力とは何と言っても山崎さんのすべり芸の真骨頂が遺憾なく発揮されること。

大きな笑いのツボは次の3点です。

1・ガキの使いを辞める理由を聞かれるといつも理解に苦しむ理由を答え、それに対し松本さんが突っ込んで山崎さんが睨みつける場面。

2・山崎さんの思い出に残る名場面にいつも結婚式がランクインし、浜田さんが「もう毎回ええって」と突っ込む場面。

3・菅さん含むメンバー全員のお別れの言葉、スタッフからの寄せ書き。

悪口だらけの色紙を見た後や菅さんに握手を断られた際の山崎さんの顔芸は圧巻の一言です。

オンエアを見るたびにすべり芸でこの人に勝てる人はなかなかいないだろうなと改めて思います。

あとお別れの言葉ですが、遠藤さんの台詞が個人的には一番好きです(笑)

みんな嘘だと分かっていながら顔をしかめたり、松本さんの突っ込みに笑いを堪える浜田さんなど、ガキの使い名物のシュールさもあり、全体的にバランスの良い企画だと思います。(オチはいつもフィードアウトですけど……)

まとめ

140413 ガキの使い さようなら月亭方正 2014年4月13日_313667

さようなら山崎邦正が打ち止めになったかどうか真偽は分かりませんが、ガキ使ファンとしては今年もしっかりやってほしいと言うのが本音です。

アンチの方も本企画が嫌いな方も、一年に一度くらいは僕ら賛同側に譲ってください。

五月でもいいから放送されないかなぁ……とりあえず淡い期待を胸に待ちましょう。

以上、六代でした。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする