学校なんて行きたくなければ行かなくていい。うつ病だった僕が導き出した結論

46u45

義務教育だの協調性の育みだのとどこかで聞いたことのあるような決まり文句を並べる人間がはびこる昨今、社会は厳しいという認識が徐々に強まってきています。

しかし、厳しいのは会社や公務だけでなく、『学校社会』も同じです。

ここに辿り着いた方はおそらく、心に大きな傷を受けている真っ最中ではないでしょうか。

いじめ・価値観の相違・人間関係の辟易……理由は様々でしょうが、お辛いだろうとお察しします。

そんなあなたに僕がかけてあげたい言葉はたった一言、

「学校なんてところ、無理してまで行かなくても大丈夫です」

ただの甘やかしとか、無責任でこんなことを言う近年の偽善者な親は大嫌いですが、僕の場合そんな根拠の無い言葉ではありません。

だって、各言う僕もそうでしたから。

小中高といじめを受けて、挙句の果てには親友だと思っていた人間全員がグルで貯金を全て巻き上げられて……うつ病なんて日常茶飯事、まともでいられる時間のほうが貴重でした。

結局世の中って自分を助けてくれるのは常に自分だけなんです、世知辛いかも知れませんがこれはほんとうです。

その時、僕は悟ったんです。

『自分を押し殺してまで人生の歩をあゆませたりしたら、とんでもないことになる』と。

これはあくまで僕がこれまでの人生を振り返っての結論です。

ですがお願いします、あなたの人生が不幸にならぬよう、少し僕の話を聞いてください。

学校なんてくだらない場所で一体何を学ぶの?

 h5j57

この年になってもそれが未だに疑問です。

『協調性の育み』とか言ってますが、そのせいで『いじめ』だの『喧嘩』だの問題が起こっていればそれこそ本末転倒ですよね。

それに、協調性という言葉はそもそも言葉の矛盾なわけでして。

十人十色というくらいですからみんな考えたが違うのは当たり前です。

それを無理してまで上手くやっていこう、手を取り合っていこうということは感情や気持ちを押し殺せと遠まわしに言っているのと同じことです。

『個性を育む』という言葉と、『協調性を大切にする』という言葉は全く逆の意味合いになるわけです。

昨今、夢も目標もない機械のような人間が増えているのはこのせいだと考察します。

みんな仲良くとか言いますが、人を見下して決め付けるような人間とわかりあう気なんて最初から起こりませんよね?

つまり、学校という場所は『嫌な人間ほど都合が良く、良い人間ほど泣きを見る』社会というわけです。

学校で学べることはただひとつ、

『いかに優しい人間が損をし、世の中が汚いか』ということ。

もしあなたが学校という場所に嫌悪感を抱いているなら、それは間違いではないと僕は思います。

どんなことでも物事の結論は自分だけが持っています、教師や周りの人の言葉は僕を含め、あくまでその人の主観です。

周囲の意見を聞きつつ、惑わされない。

生きていくうえで一番大切なことです。

成績なんてものは全て嘘っぱち、『教師』とはこんなもの

 ryjtuyjt6u

教師も生徒も、有り体に言えば人間なわけです。

そして、成績というものはその教師が自由につけられるものです。

この意味がわかりますか?

気に入った生徒には高得点を、気に入らない生徒には低い点数をつける。そういうことです。

実際心理学の研究で立証されていますし、これはほぼ確実です。

つまりぶっちゃけると……どれだけ点数低かろうが教師に好かれていれば良い成績取ったも当然ということです。

実際、僕は中学校の頃にこれを実験してみたことがあります。

こんな風に全てを悟りきったような性格のせいか、当時の僕は社会科の教師と折り合いが悪く、毛虫のように嫌われていました。

ある日、あまりにむかついたので怒鳴りあいの大喧嘩まで故意に発展させてみました。

すると……その学期の成績評価はなんと『5』評価の内の『2』(笑)

歴史得意だし、期末テストは70点近くあったのに。

……お分かりでしょう?

この程度、というわけです。

勉強は『塾』で学ぶのが一番確実です、汚い話し『お金』と『お金』の繋がりですから。

これ以上に強い信頼は他にありません。

将来が不安?いいえ、『学歴社会』はしょせん建前さえあれば万事解決

 rrnr

中学校も高校もろくに行ってなくて、それでも余裕で大学まで行った僕が言います。

今の時代、学校なんて行って無くても高校くらい楽に卒業できます。

今では小中学校の成績など評価に全く響かない『通信制』という素晴らしい学校があります。

中学生の方などで聞いたことが無い人に一応ご説明を。

『通信制』とは引きこもりや不登校児などを対象として設立された『学校に通わなくても良い学校』のことを指します。

大半は私立制ですが、現代では学費を免除してくれる高校も増えてきています。

ちなみに僕の通っていた通信制高校は『ECC学園高等学校』という学校です。

サポートしてくださる先生方も優しく、本当に素晴らしい学校でした。

学費免除制度も完璧で、僕の場合ほとんど公立と同じ費用で無事卒業できました。

中学3年生、高校生の方などはこちらを参考にして下さい、通信制について詳しく記載しております↓

高校転校・ 通信制とは?

最後に

ここまでで述べたのはあくまで僕の意見です、最後に道を決めるのは他の誰でもないあなたです。

あなたはきっと優しい心の持ち主かと思います、だからこそ断言できます。

きっとこれからの人生、周りの人間はあなたに「甘え」だの「弱い」だのと誹謗中傷を浴びせてくることもあるでしょう。

しかし、これだけは覚えていておいてください。

『あなたは白です、他の人間がどう言おうが、「白」が「黒」に染まることはありません。むしろ白であるあなたは、他の人間ができないことを成し遂げる才能が眠っているかもしれません。少なくとも、あなたの長所である優しさを無理に無くすことはありませんよ』

もはや決められたレールを走らなくとも自由に生き方を決められる時代、それくらいの自由があってもいいじゃないですか。

だって、一度きりの人生なんですから。

以上、六代でした。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする