ソフトバンク光を契約したらすぐに解約すべき3つのオプション

ソフトバンク光を新規契約した際、実は自動で必要のないオプションがいくつか付いてきます。

これはソフトバンク光だけでなくどこの回線でもそうですが、このソフトバンク光はなかなかのくせ者で。

回線会社とプロバイダーと呼ばれる二つの契約が一纏めになっているものだから、明細書を見ていてもなかなか気づけないという便利すぎる故の落とし穴が。

 

ここではソフトバンク光を契約したあと、すぐに確認、解約すべきオプションサービスを3つ紹介いたします。

どれも普段使いであればさほど必要のないくせに料金だけは高いときているので、特別な事情が無い限りここで解説する手順を元にさっさと解約することをお勧めします。

 

プロバイダーのオプションを全て解約すべし!

 

まずは料金割高の元凶であるプロバイダーオプションを解約します。

大っぴらに明記されておりませんが、ソフトバンク光のプロバイダーは『Yahoo!BB』のみです。

ちなみにプロバイダーとは回線とネットを繋ぐ役割を果たす会社で、光回線を提供しているソフトバンクとはまた別の契約となっています。

 

ソフトバンク光から小さな封筒が送られてきていると思いますので、そこで契約内容を確認してみてください。

契約した覚えのない細かな料金プランが記載されていれば、それは間違いなく自動で付加されたオプションサービスです。

 

ここで重要なのは、このオプションサービスは契約した1か月間は無料だという点。

ですので契約した月に切ってしまえば料金はかからないのでご安心を。

 

解約方法として一番手っ取り早いのは、Yahoo!BBのサポートセンターに直接電話をかけること。

ソフトバンク光を契約したさいに送られてきたプロバイダーのIDやパスワードを口頭で伝えるだけで大丈夫です。

 

あとは勝手に解約手続きをしてくれますので、プロバイダーの方はこれでオッケー。

2か月後、ちゃんとオプションが切られているかどうかの確認をお忘れなく。

 

回線会社からルーターが送られてきていませんか?

 

契約の際にこちらから言っておかないと、ソフトバンクから自動的にルーターが送られてきます。

ルーターとは、Wi-fiを飛ばす機能を果たす無線端末です。

 

モデムとは別に白い端末がありませんか?

もしあったなら、それはオプションの一つです。

無線ルーターは3000円程度の手頃なものでよいので、自分で一度購入してしまえばずっと無料で使えます。

ということで、ソフトバンク光の月額料金上乗せルーターはさっさと送り返しましょう。

 

今度はプロバイダーではなく回線会社であるソフトバンクに電話し、ルーターはこちらで用意する旨を伝えるだけで大丈夫です。

無事手続きが済みましたら、段ボールに詰めてルーターを送り返してください。

 

無線ルーターを自分で用意した場合の詳しい設定方法

 

これはオプションではないですが、上記のソフトバンク光のレンタルルーター以外を使用する場合、ちゃんと設定しないとWi-fiが繋がらなくなります。

しかし一度設定してしまえば問題ありませんので、月額料金をずっと支払うくらいならこの項目を読んでルーターを設定し直してください。

 

まずは自分で購入したルーターを用意し、ルーター設定画面にアクセスします。

手順はこうです。

 

『ルーターにモデムを繋ぎ、繋がらないWi-fiを飛ばす』

『パソコンでそれをキャッチ』

『ルーターに同梱されている説明書に沿ってルーター設定画面へ』

『インターネット接続の項目で、「PPPoe」を選択』(大体の場合は自動検出してくれます)

『プロバイダーのIDとパスワードを打ち込む』

『セキュリティ設定を好みで施して終了』

『ルーター再起動』

 

ルーターの会社によって少し変わってきますが、大まかな流れは同じです。

特に大事な項目は、『プロバイダーのIDとパスワードを打ち込む』箇所。

ここを設定さえすれば繋がりますので。

 

まとめ

上記の3つを確認しましたら、料金が最安値になっているかチェックして終了です。

このオプションやルーターというのは放っておくと回線会社やプロバイダーの思うつぼですので、必ず解約するようにしてください。

ネットを楽しむのであれば回線料金とプロバイダー料金だけで十分です、他はビタ一文払わん!

以上、ご参考になれば幸いです、ではでは。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする