ガキ使 サンシャイン斉藤選手権が面白すぎる!(画像あり)

大晦日でスポットを当てられていたサンシャイン池崎のあのギャグ、『空絶絶後の~』

今ではCMでも時折り聞きますね。

 

笑ってはいけないでは斎藤工さんが物真似をしたことにより話題を呼びました。

ガキの使いではそれをテーマに、『第二のサンシャイン斉藤選手権』なるものを放送。

様々な芸人がサンシャイン池崎のギャグを真似て、オリジナルの『空絶絶後の~』を披露するという聞くだけではなんともくだらない企画っぽい。

そもそも僕自身、大晦日のあのくだりではクスリともしなかった人間なんですね、

正直言ってサンシャイン池崎のギャグが面白いなんて一度も思ったことがない。

 

しかし、今回の放送だけはヤバかった。

正直言って良い意味で期待を思い切り裏切られました。

……面白い、面白すぎる!

 

あのギャグって何度も聞くとジワジワくるのか?

それとも他の芸人たちがやると面白いのか?

 

とりあえずどんな内容だったのかせめて雰囲気だけでも味わっていただきたいので、それぞれの画像と個人的な感想を載せておきます。

興味がわいた方はYoutubeなどで動画をご覧になってください。

 

最初の挑戦者『JOY

 

テーマは『超絶怒涛のハーフタレント』

 

初っ端から面白すぎた。

声量でかすぎだし、後半つかれて目が見開いてるし(笑)

 

個人的に一番笑ったのもこれ。

方正と松本が終始爆笑し、『めっちゃいいやん』と言わしめるほど。

 

JOYの渾身の物真似は一見の価値ありです。

終わった後、トークの際に声が枯れているくだりでまた笑えます。

 

2番目の挑戦者『有村 昆』

 

テーマは『超絶怒涛の映画評論家』

 

元ネタが分からないので微妙。

台詞が所々飛んでましたし、まぁなんちゃって芸人だから多少は仕方ないところもあるが。

 

次の挑戦者はもっとひどかったし、まだ許せるレベル。

順番的にJOYの後だったのが余計に悪かったかも。

 

3番目の挑戦者『遠藤 章造』

 

テーマは『超絶怒涛のダイエット芸人』

 

面白くなさ過ぎて爆笑しました。

最初から遠藤はオチポジションだと思ってたから余計に(笑)

 

声も出てないし、なによりしゃべり方がウザすぎる。

方正いわく『見てて泣きそうなった』

 

スタジオのスタッフも全く受けていませんでした。

ガキの使いとはいえ芸歴長いのによくやるわ……。

 

4番目の挑戦者『ボビー・オロゴン』

 

テーマは『超絶怒涛の外国タレント』

 

ボビーとか反則だろ(笑)

台詞しゃべる前に出てきた途端爆笑しました。

 

息切れ早すぎるし、もうわけわからん。

最後のジャスティスに至ってはもはや声が出てない。

 

ボビーいわく『言葉の意味も分からないのに』

アフリカ人だもんね、そりゃそうだ……。

 

最後の挑戦者『亀田 大毅』

 

テーマは『超絶怒涛のお騒がせボクサー』

 

なんで亀田やねん(笑)

テーマからして思い切り自虐ネタだし。

 

この人ボクサー辞めてからはもう何でもありですね。

芸人でもないのにようやるわ。

 

めちゃくちゃ頑張って台詞覚えたのは伝わってきたし、まだ面白かったので全然アリでした。

 

サンシャイングランプリ・優勝者は?

 

優勝は、やはりというかなんというか『JOY』でした。

しかし、アンコールはなぜか遠藤に(笑)

 

あまりにお粗末すぎるエンディングはシュールの一言。

半ばやけくそになって適当に叫ぶ遠藤は、ぜひ自分の目でお確かめください。

 

いやぁ、ほんと久々に笑わせていただきました。

あと元ネタのサンシャイン池崎でしたっけ、せっかく注目してもらえているんだし少しくらい売れるといいですね。

このギャグ、何度も聞いてると確かに面白いかも。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする