オクタコア・メモリ3GB・大容量バッテリーの1万円台最強スマホ!

fr3

CPU性能や初期設定などは調べていただくとたくさん引っかかるので、ここでは触れない。

この記事では動画再生やネット検索、ゲームなど、このスマホでできることをすべて綴っていきたいと思います。

ご自分のスマホの性能不足や型落ちが気になってきた方など、このスマホに乗り換えるかどうかの参考にしていただければと。

1万円台にあるまじきスペックを所有しているので、メイン機としても運用可能かどうかを徹底的に検証します。

スマホの商品名、おおよその基本スペック

 a1640_000356

Ulefone Power

 

CPU オクタコア(8コア)

 

RAM 16GB

 

ROM メモリ3GB

 

Wi-fi 4G

 

画面解像度 1920×1080(FullHD)

 

バッテリー 6050mAh

 

SIMカードデュアル(MicroSDカードと共有)

 

Bluetooth4.0・GPS搭載・指紋認証・カメラ画素1300

と、これだけでも3万円の高スペックとスマホとほぼ変わらない性能を有しています。

欲を言うのであれば、RAM容量が32GB以上なら完璧でしたね。

でもまぁSDカードは64GBまで対応してましたし、こっちで補えます。

相場は大体13000~18000円くらい、この値段でこんな高スペックを頂けるなら文句はありません。

使い心地、アプリ関係は?

rg rgrg

当然ながら日本語対応。

Google playも最初からちゃんと入っていました。

SIMの設定はAPNをいじらないといけませんが、それ以外はバックアップソフトなどを使えばすぐに移し替えられます。

もちろん電話もできます。(というか、できないとメイン機にできない)

ゲームアプリは『パズドラ』・『モンスト』・『アイマス』などをプレイしてみましたが、カタつくことはありませんでした。

まぁオクタコアの3GBメモリだから当然といえば当然ですが。

ポケモンGOも一応可能ですが、GPSが低性能なのであまり期待しないこと。

強いて欠点を挙げるのであれば、音楽アプリが少し気になりました。

アーティスト分けや曲名分けはできるのですが、なぜかフォルダ分けができない仕様。

僕のようにフォルダ分けで曲を分類している人はフリーの音楽アプリの導入をおすすめします。

あと、これは僕の買ったUlefoneだけの初期症状かもしれませんが、音楽が明らかに音割れしていました。

不良品掴まされたかな……と思いきや、設定からサウンド設定に飛ぶと、英語で『スピーカーの音量を大きくする』と書かれた項目が。

これをオフにしたら音割れしない綺麗な音に戻りました。同じ症状を出た場合、慌てずに対処を。

バッテリーは大容量の宣伝文句に偽りなく、ざらに3日間くらいは持ちます。

また、充電もクイックチャージに対応しているせいか早い早い。

毎日充電するのが面倒なライトユーザーやスマホをいじりっぱなしのヘビーユーザーまでもがうれしいポイントです。

ただ、ほかの方の感想を聞く限り過充電は禁物みたいです。下手をすればバッテリーが膨張して最悪文鎮化……充電は100パーセントになったら、すぐに外しましょう。

よくレビューで気になるといわれている重さですが、特大バッテリーを採用しているのであればこんなもんではないでしょうか。

個人的な感想とまとめ

20161130_115302

メインかサブ、どちらで使うほうがおすすめかといえば、結論としてはどちらも悪くないと思う。

基本的な性能に不都合は見当たらないのでメイン機としての採用は十分検討できるし、SIMフリーの4Gなのでデータ通信用、もしくは家庭内のWi-fi端末として使うことも十分可能だ。

僕として一番気に入ったのは独特なデザイン3種。

基本的なホワイト、スタイリッシュなブルーメタル、果ては可愛らしい木目といった、老若男女問わず初心者からマニア、みんなが喜びそうな見事なデザインばかりです。

rerger

万人受けを狙ったという点では大成功とみてもいいでしょう。

ちなみに、戻るボタンやホームボタンは画像の通り画面外に3つ並べられているギャラクシー仕様です。

あまりに値段と見合わない強烈なコストパフォーマンスに不安を拭えませんでしたが、この端末だけは買って正解です。

ちなみに新品買うと、クリアカバーも画面保護シールもイヤホンも充電器もオプションがすべて付属しているからお買い得です。(ここまでやってよくこの値段で出せたものだ↓)

20161130_115208

不良品をつかまされない限りはきっと後悔することはないと思うので、スマホの型落ちに限界を感じている方、処理能力を不満を感じている方など、この機種に買い替えられてはいかがでしょう。

あっ、くれぐれも購入は自己責任ですのでお忘れなく!

以上、格安最強スマホ、Ulefoneの感想でした。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする