友情が大切だとか言ってる奴に突きつけたいお金の力とこの世の現実

efbv

自身の視野を広めるために様々な場所や人間を見てきた僕だが、その中でも『友情』を大切にするという人間の考えだけは僕にはどうにも理解不能だ。

人が各々違う価値観を持っているのは承知の上だが、これほど嘘くさいものを心の支えにしている人には疑問しか残らない。

『お金』と『友情』どちらをより多くもらえるかと問われればどうだろう。

少なくとも僕はお金だ。

お金は生きていく上で絶対に必要なものだ。

お金があれば何も不自由しない、好きなものを買えて幸せに生きていける。

お金がなければ何も出来ない、何も救われない。

悲しいかな、これは現実だ。

僕の意見に賛同している方、反対している方、まずはこの世の『醜い現実』というものを知っていただきたい。

人を信用していない人間ほど、この世でみじめな生き物はいない

人を信用しない人間なんて傍から見ていれば惨めなものだ。

そもそも自分が人を信用しないくせに人から信用してもらおうなんて都合が良いにもほどがある。

己の自己満足で悲劇のヒロイン演じるのは結構だが、それ以前にまず自分の未熟さや人間としての器の小ささを鑑みるのが先ではないのか。

こういった人間に限って全てを人のせいにして自己正当化をする人間が多い。

そのポリシーを持つのであれば、まずは自分自身が『人を信用しなくてもお金持ちになれる』ことを証明するのが先ではないか。

この世を悲観する前にやるべきことがあるだろうと思う。

綺麗事は所詮綺麗事、お金が無ければ解決できない現実がある

 ergv4et

お金と言うのは、どんなものにでも等しい対価となる強大な力だ。

はっきり申しあげておこう。

友情と言うものは、お金という対価を支払うことですぐに得られてしまう。

お金持ちであれば人が寄ってくる、お金持ちであればみんながその人を崇め奉る。

これを友情ではないという人もいるだろうが、落ち着いてよく考えていただきたい。

気前の良い人が好かれるのはどうしてなのか……簡単だ、お金という負担を肩代わりしてくれるからである。

一方、お金という問題を友情で解決することは不可能だ。

借金が友情で無くなるかといえば答えはノーだ。

生活に困っている人を友情で助けられるかといえばそれもノーだ。

お金があれば、どれだけ絶望している人間すらも救えてしまう。

人生をやりなおすことだってできる。

この世の対価に、お金と友情が全く釣り合わないことをご理解いただけただろうか。

現実は単純かつ、とてもシビアだ。

下手すれば一瞬で消えてしまう『友情』というものが果たして大切なのか

ここからは僕個人の意見となりますが。

転々と色んな社会を見て回りましたが、その中で僕が感じたのがタイトルの通りです。

男女問わず、友情ってほんとに儚いものなんです。

少しでも相手の意に沿わない行動をすればその時点で突然消えてしまう、そして今まで築き上げてきたのものが全て嘘になってしまう。

そんな出来事を幾度と無く経験し、そして見てきました。

僕は『お金』と『努力』は自分を裏切らないと思っています。

お金は使わなければ減らないし、努力は積み重ねてきたものが一瞬で消え去ることなどほぼないわけです。

少なくとも毎日行っている筋トレは今も僕の力になっているし、ためたお金も消えていない。

友情って、どれだけ積み重ねても相手がいる以上消えない確信なんてものは無いんですよね。

そして、この世で自分を助けてくれるのは常に自分だけ。

これがこの世の現実です。

他人のために命をはってくれる人間はやはりフィクションの世界だけでした。

何かを変えたいなら、自分で変えないと絶対に変わらないんです。

過去と他人は変えられない。でも、友情は悪いものじゃないと思います。

たくさんあって損はしないですし。まぁ、無くせば辛いかもしれませんが。

ただ、それを心の支えにするのは、いつ崩れるか分からない足場に命を預けているに等しい行為であることを忘れないでください。

この世知辛い世の中、心の支えにするのであれば、やはりお金がベストだと思います。

ここで僕が述べたことは、一人の人間の意見です。

納得できない方は無理せず、ご自分が信じているものをどうかお大事になさってください。

きっとそれが一番良い選択かと思われます。

ただ、お金を得るのはあくまで自分のお力で。

他人を犠牲にしてまで得た汚いお金は、いつかは我が身を滅ぼしますよ。

心当たりのある方、ご注意を。

シェアしてくださると元気が出ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする